ヘルシーパートナーズについて

 ヘルシーパートナーズとは、健康づくりに取り組む地域の協同体で、メンバーは健康ボランティア団体と自治体、研究機関、企業、健康都市活動支援機構で構成されています。

中心となる健康ボランティア団体は、健康づくりや食生活改善をはじめ、ウォーキングや体操、口腔ケア、保健といった分野で地域住民の健康推進を行っています。

 認定NPO法人健康都市活動支援機構はヘルシーパートナーズの活動を支援し、地域の健康づくりに貢献します。

健康ボランティア団体とは

健康ボランティア団体とは、自治体と協働し、地域に密着したさまざまな健康づくりを推進する団体です。メンバーは地域のリーダー的存在で、日常生活における自らの実践と共に、地域での普及啓発や健康維持増進に積極的に取り組んでいます。連絡協議会を形成し、県や全国レベルの大きな組織になっている団体もあります。代表的な団体には名称の違いはありますが、以下があります。

健康づくり推進員

自治会や町内会の推薦を受けて市長が委嘱する健康づくり活動の推進役です。自治体と連携し、生活習慣病予防など健康づくり活動を行っています。「自分の健康は自分で守り育てる」という自覚と認識のもと、日常生活において自ら実践することはもちろんのこと、地域における健康づくりリーダーとして普及啓発に努め,住民の健康維持増進を積極的に推進しています

食生活改善推進員

「私達の健康は私達の手で」をスローガンに活動する食を通した健康づくりのボランティアです。市町村が行う栄養教室で食生活改善に関する学習をし、自分から家族へ、そして地域へと、それぞれの生活に適した食生活の習慣づくりをめざして調理教室や栄養指導等、地域での実践活動を行っています。 最近では、食生活の変化に伴い、運動や休養も取り入れています。

スポーツ推進員ほか

運動を通じた地域での健康づくり活動に貢献するボランティアです。健康イベントへの協力、健康ウォークの実施、健康教室の開催など、身近で誰もが実践しやすい日常活動を行っています。その他、母子保健推進員や体操、口腔ケアなどさまざまな健康づくりに取り組む健康ボランティア団体が地域で活躍しています。



新着 What' New!

2025年までに世界の失明を50%減らす! ~眼科診察用スマホアタッチメント型医療機器の開発~

 世界には発展途上国を中心に失明人口がおよそ3千6百万人存在し、2050年にはおよそ1億2千万人に増加するとされる。歯止めをかけるには眼科診断機器の普及が不可欠だが、高額で大型なことがネックだった。そこに登場したのがスマホアタッチメント型医療機器「Smart Eye Camera(SEC)」だ。本稿では、SECを開発したOUI Inc.(ウイインク)CEOの清水映輔氏と海外戦略部長の中山慎太郎氏を取材した。

 

続きを読む

保健所の機能と課題 ~保健師の活動体制を見直す機会~

 新型コロナウイルス感染症は保健所業務をパンクさせ「保健所崩壊」とも言うべき事態を引き起こしている。そもそも保健所の役割は何で、どのような原因でそのような事態を招いているのか?また、克服するにはどのような施策が必要なのか?保健師として長年行政に携わった経験をもつ川崎医療福祉大学特任教授の波川京子氏にインタビューした。

続きを読む

ジェンダー平等と多様なキャリア形成 ~SDGsの達成に向けた千葉商科大学の取り組み~

 2030年の目標年度に向け、日本ではSDGsの取り組みが進んでいる。調査によると、全体の認知度は2019年の16%から2020年の29.1%へと大幅に上昇した。特に学生の認知度は24.8%から45%へと倍増している。(電通調べ)一方で、「SDGsの達成度・進捗状況に関する国際レポート」(2020年6月公開)によると、日本の達成度で「取り組みが悪い方向に向かっている」とされている目標の一つに目標5「ジェンダー平等を実現しよう」が挙げられている。解決にはどのような基盤整備や意識改革が必要なのか。本稿では、女性技術者・研究者のロールモデルとして国際活動をリードする千葉商科大学の橋本隆子副学長をお迎えし、大学の取り組みとご自身の経験を踏まえたジェンダー平等についてお聞きした。

続きを読む

JICA草の根技術協力事業の採択

健康都市活動支援機構の事業提案がJICAの「草の根技術協力事業」に採択されました。モンゴルの公立学校児童を対象に、むし歯予防の技術協力事業に取り組みます。

続きを読む

「歩行改善プログラム」に参加する市町村が増加中。~先進のテクノロジーで新たな可能性が生まれる!~

 

会津若松市での「歩行力測定会」では、受付支援に分身ロボットが登場。感染症予防対策とダイバーシティ推進も兼ねた、新たな取り組みをレポートします

続きを読む

和食の健康価値発信で官民が協力! 食を通じた「働き方改革」にも

 

「和食の保護・継承」を推進する農林水産省と、しっかり食べても内臓脂肪をためにくい「スマート和食」の普及に取り組む花王株式会社。

両者が、食による健康づくり普及で連携。その狙いは――。

続きを読む

尾張旭市の健康都市づくりが「スポーツ庁長官優秀賞」を受賞!

 2020年11月30日、厚生労働省・スポーツ庁が主催する「第9回健康寿命をのばそう!アワード」の生活習慣病予防分野で、愛知県尾張旭市がスポーツ庁長官優秀賞を受賞した。応募件数76件の中から「厚生労働大臣優秀賞」、「スポーツ庁長官優秀賞」等が選出された。尾張旭市には、室伏スポーツ庁長官より表彰状が授与された。

続きを読む

松戸市チームパンプキンズ研修会

11月2日(月)に松戸市中央保健福祉センターにて、チームパンプキンズ研修会が開催されました。
NPO法人日本食育ランドスケープ協会理事 野菜ソムリエプロ 南谷志保氏を講師にお招きして、「旬の野菜を身近に楽しむ」をテーマに、食育的な視点から、色々な野菜の種類や、野菜に含まれる栄養素、果物と野菜の違い、一日に摂取する野菜の量などのお話をしていただきました。

続きを読む