健康都市とSDGsのまちづくり

 市川市は東京都に隣接するベッドタウンとして人口約49万3千人を擁する。京葉工業地帯の一翼を担いながら梨栽培など農業が盛んで、文教施設も多い。2004年に全国に先駆けて導入した健康都市の施策は今も引き継がれている。(聞き手 千葉光行)

市川市 田中甲市長

続きを読む

展示で学ぶSDGsと健康都市 ~市川市健康都市推進員会との座談会~

市川市役所で「SDGsに関するパネル展」が開催された。(1階ファンクションルーム:3月7日~3月18日)テーマは、「健康フェスタ:もっと知りたいSDGs 『健康』『環境』を考える」で、「多文化共生推進事業『世界の食卓から』」と同時開催された。

続きを読む

いちかわ健康フェスタ ~千葉県市川市~

 市川市は、2004年の健康都市宣言以来、都市の健康、市民の健康づくりの施策に取組んできた。WHO憲章の精神を尊重し、「人の心と体の健康」とともに、人を取り巻く文化、教育等の社会環境や、道路、公園施設等の都市基盤の整備による「まちの健康」を一体とした「健康都市いちかわ」を目指している。

続きを読む

市川市第2回健康フェスタ

 行政やボランティア団体、企業、NPOが協働するヘルシーパートナーズのイベントが「防災と健康」をテーマに開催された。講演会やタオル体操、体力測定、フレイルチェックが行われ、満員の会場が笑顔でいっぱいになった。

続きを読む

市川市おやこの食育講習会

 市川市食生活改善推進協議会が山崎製パン株式会社の協働のもと、「おやこの食育講習会」を開催した。参加者は塩浜女子MBC(バスケットボールチーム)の児童と保護者たち。和気あいあいとした雰囲気の中、自分たちで作ったサンドイッチを笑顔で頬張った。

続きを読む