· 

鎌ケ谷市デリシャスウォーキング

 鎌ケ谷市は、健康ボランティア団体との協働で市民の健康づくりに取組んでいる。本イベントでは、運動と食のコラボレーションできっかけづくりを行った。

 

日付:2018年10月2日(火)

会場:鎌ケ谷市総合福祉保健センター

主催:鎌ケ谷市

協力団体:中央ウォーキングの会/ニコニコ会

東部ウォーキング/きらり鎌ケ谷体操指導者

パタカラーズ/鎌ケ谷市食生活改善協議会

協賛:認定NPO法人健康都市活動支援機構

参加者:82名

食と運動で健康習慣を身につける

 イベントは大会議室での「きらり鎌ケ谷体操」でスタートした。ダ・カーポが歌う市民の歌に乗せた健康体操で、ゆったりしたテンポで屈伸や腕回し等を取り入れている。複雑な動作が無いため、殆どの参加者が指導者の動きにぴったり合わせていた。

指導者
指導者
参加者
参加者

 続くウォーキング講座では機能訓練指導員の佐々木純さんが登壇。ステージ上で正しいウォーキングフォームを実演した。曲がった体勢や無理な足の運びは怪我になる。参加者はまっすぐな姿勢や自然な腕の振り方、踵からの着地、広めの歩幅について真剣に耳を傾けた。実際のウォーキングではウォーキング団体が先導し、市制記念公園まで片道2キロのコースを往復した。40分間で全員が往復できることと、わかりやすいことがコース選定の理由だ。安全対策にも万全の準備をして臨んでいる。健康推進課の大山晴香さんによると、コース選定の際には何度も危険箇所を確認し、体調不良者が出た場合の対策も行ったという。ウォーキング後はストレッチでクールダウン。使った筋肉をゆっくり伸ばす。「疲労を残さず回復を早めるために必要です」と佐々木さん。

佐々木さん
佐々木さん
信号での安全確認
信号での安全確認
ウォーキング団体による先導
ウォーキング団体による先導
折返し地点で銀杏を拾う
折返し地点で銀杏を拾う


講評する佐々木さん
講評する佐々木さん

 再び大会議室に集合し、「きらり鎌ケ谷かお体操」で口や首、舌、頬等を動かす。普及団体のパタカラーズによると、口からはじめるアンチエイジングで、顔や口、舌の筋肉を鍛える効果があるとのこと。顔パネルのイラストに合わせ、参加者は一音ごとしっかり区切って発音した。

きらり鎌ケ谷顔体操
きらり鎌ケ谷顔体操

 健康食の試食では「8種の具だくさん豚汁」を提供した。具材はこんにゃく、厚揚げ、大根、人参、ごぼう、里芋、長ネギ、豚肉。かつおだしの旨味を活かすことで、塩分濃度0.6%の薄味でも美味しく食べられるようにしている。調理を担当した食生活改善推進員(ヘルスメイト)によると、運動後の栄養補給に豚汁は最適という。豚肉には筋肉をつくるために必要なたんぱく質、疲労回復に必要なビタミンB1が含まれており、野菜には食物繊維やビタミン類が豊富に含まれているためだ。食育は食生活改善推進員の重要な役割であり、試食中もクイズ形式で減塩指導を行った。

ヘルスメイト
ヘルスメイト
ヘルスメイトによる食育
ヘルスメイトによる食育

豚汁
豚汁

 イベントの最後はグループワークだ。1人ひとりが感想や反省点、継続方法について発言し、市の担当者が書き留めていく。それをグループ毎に発表して情報を共有した。

グループワーク
グループワーク

関係者インタビュー

大山 晴香さん(鎌ケ谷市健康増進課)

 本イベントは、運動に興味をもってもらい、継続した運動につなげることを目的に企画しました。健康の維持・増進のために運動や食に興味を持ってもらうきっかけづくりです。募集にあたっては、職員から各団体に協力を依頼するとともに、広報やチラシ、体操教室等で周知しました。申込は広報からが多かったです。たくさんのボランティア団体に協力いただいたので、団体同士の連携に力を入れ、参加してよかったと思うことができる内容を企画しました。ヘルシーパートナーズ事業は、健康づくりを支援する体制強化や地域住民のつながり、さらにコミュニティ・エンパワメント(地域の潜在能力を引き出すこと)に貢献しています。行政と地域住民のみの関係ではここまで深めることは難しいと思いますので、鎌ケ谷市の健康増進の先進的な取組みとなっています。来年度開催が決定いたしましたら、今回の活動を活かし企画・実施していきたいと思います。

ウォーキング団体

 運動の習慣を身につけ、生活を見直すきっかけづくりになりました。各ウォーキング団体の活動を説明する機会もあり、さらに仲間が増えればと期待しています。食生活改善推進員による栄養満点の豚汁やヘルシーパートナーズオリジナルのスポーツタオルが大変好評でした。一方、参加者の中には「歩く距離が短かった」や「歩き方についての各自の癖を直してもらいたい」という人がいました。来年度もウォーキング等で健康に係る講演や実践講座を開催していただきたいと思います。

きらり鎌ケ谷体操指導者

 「きらり鎌ケ谷体操」がウォーキングの準備体操として取り入れられたことに満足しています。参加者の中には地区の「きらり鎌ケ谷体操」の会に参加している方もいて、周りの人に「○○でも体操やっているよ」と当会を紹介してくれていた場面がうれしかったです。改善点としては、初心者とウォーキング経験者が混在していたので、その兼ね合いを考えた方がもっとよい講座になったと思いました。

鎌ケ谷市食生活改善協議会

 よかった点は、ヘルスメイトが「食を通した健康づくり」を発信する場が一つ増えたことです。また、パタカラーズやきらり鎌ケ谷体操など他団体との協力ができ、大勢の市民にヘルスメイトのPRや減塩クイズを伝えることできました。100人分作った豚汁も「とてもおいしかった」と大好評で、具材や調理手順等で工夫した甲斐がありました。唯一の反省点は、里芋が均等に配れるよう、数えて切れば良かったことです。来年も機会があれば参加したいと考えています。

パタカラーズ

 他団体とコラボレーションができ、食生活改善協議会の事業についても詳しく知ることができました。パタカラーズも市民の健康づくりの担い手であるボランティアという立場で、「きらり鎌ケ谷かお体操」の披露だけでなく、ウォーキングコースのチェックポイントの案内や参加者への励ましの声掛けで連携を深めることができました。